これは私の友達がやっていたことのマネなのですが、初めて会った初対面の時にまずはじめに『名前なんて呼んだらいいですか?』って聞くんです。

そうすると、大概の人は〇〇って呼んでとか、好きに任せますよとか、なんかいい呼び方ある?とか反応を返してくれます。

名前を聞いてくるってことは自分に興味があるんだよって意思表示になっていて、そうなってくると一気に距離感が縮まってくるんです。しかも呼び方を教えたとしても別に独断問題ってないじゃないですか。だから受け答えもしやすいし、ファーストトークとしてはなかなか盛り上がれる質問なんです。

そして、呼び方が決まった後にもこれおまけが付いてくるんです、そのおまけが、

じゃあ僕はなんてあなたのことを呼んだらいいですか?』って大概の人は聞いてくれます。そうなったら『私は〇〇ちゃん(下の名前)で呼んでください』って言います。そうするとお互いの共通話題が1つ成立します。名前を知っているだけでなんか落ち着くんです。

そして、お互いの呼び方が決まったら、私は事あるごとにその人の名前を呼ぶことにしてます。

『〇〇くん、おはよー!』と『〇〇くん、昨日あのテレビ番組見た?』とかとにかく会話のはじめに呼び名を挟むことにしています。そうする事により、今あなたと話をしているよ、あなたとこの話をしたいんだよって意思表示になるからです。

これ実は接客技法でも同じことが言えるのですが、美容室や歯医者さんなど人と接するお仕事の人って話するとし絶対最初名前から呼ぶこと多くないですか?これもあなたのことを今大事にして、対応してますよの現れなんです。

でも、それって嬉しくないですか。人ってやっぱり自分に興味を持たれいるかいないかで、相手に対する信頼感って断然変わってくると思うんです。そして信頼関係が築けたなってなると、色々な特別な部分を見せてくれるようになります。

私自身も実はこの名前を聞かれるっていうのは初めて異性からされてその人に興味を持ったクチなのです。

最初から〇〇さんって大概苗字で呼び合うじゃないですか、でもこの〇〇さんってちょっとよそよそしい感じがするじゃないですか、そんな中で、

『〇〇さん下の名前なんて言うの?』って聞かれて『〇〇ですけど』って答えた次の瞬間

『じゃあこれから〇〇ちゃんって呼ぶわ』ってそこからその日は〇〇ちゃん、〇〇ちゃんってかなりの回数呼ばれて、でもそれが悪い気がしないんですよ、不思議なこと。むしろ距離がぐっと縮まり1日でかなり親密度が増しました。そして、帰り際に

『俺のことは〇〇(ニックネーム)って呼んで』とこれは確実に私落ちました。これは反則です。

この名前を聞くことに関しての注意点が1つあります。
これする際は絶対先手必勝です、絶対自分から名前を聞いて下さい!最初に興味があるのは私なんです、って事をわかってもらうためにやっている事なので、先に聞かれる前に自分から行動を起こして下さい。

私自身がこの事を実践してから、異性からかなり興味を持たれる事が増えました。おそらく自分に興味を持っているとわかってくれるからです。そのかわり、これ興味無い人にまでやると、勘違いが発生するので誰彼構わずやらずに好きな人のみにするとかをオススメします。